銀行カードローンは掃流量規制対象外になります


お金を借りたいという人にとって気になるのが総量規制という言葉です。借り入れをしすぎて返済ができず、破産する人が増加していたことから、破産者を減少させるために貸金業法が改正されて総量規制が適応されるようになりました。これは年収の3分の1以下しかお金を借りることができないというもので、これにより借り入れのし過ぎを防ぐという狙いがあります。しかし、年収の3分の1では到底足りないほどのお金が必要だ、ということもあります。そんな時に利用できるのは総量規制と言われているものではない融資となる銀行カードローンです。
銀行もお金を貸してくれるところではありますが、総量規制対象外になっているのです。これは総量規制が貸金業法によって定められたものである、というのが理由です。貸金業法は消費者金融や信販会社、クレジット会社などのようにお金を貸すことが主たる業務となっている業種に適用されています。銀行はお金を貸すことがあっても貸金業者ではなく金融機関です。そのため、貸金業法が適用されないのです。他にも信用組合やJAなども総量規制対象外となります。そのため、銀行カードローンは総量規制対象外となり、貸金業者から年収の3分の1以上の借り入れがあった場合にでもさらに借り入れを行うことができる可能性があります。しかし、借り入れができるかどうかは金融機関独自の判断によるため、たとえ貸金業者から全くお金を借りていないというような状況であっても借り入れできるかどうかは審査次第ということになります。

キレイモの会員になる方法
薬とは違い副作用がない納豆キナーゼ